前へ
次へ

ドレッドヘアをシャンプーするときのヘアケア法

レゲエなどの海外の音楽文化が日本に浸透するにつれて、ドレッドヘアに憧れを持つ人が増えてきました。
しかしドレッドの束は汚れやすいので、ヘアケアが大変ということもあり少し躊躇してしまう髪型でもあります。
そこで、一般的なドレッドヘアのシャンプーの仕方を紹介していきます。
まず汚れやすいドレッドヘアを綺麗に保つために、2~4日に一度ドレッドを洗うことを心がけましょう。
洗い方は温水でドレッドの束を湿らした後に少量のシャンプーを手に取り泡立て、優しく髪の束と頭皮に馴染ませていきます。
ここで気をつけることは、髪の毛の束を強くこすったり捻ったりしないことです。
またシャンプーが少ないなと思ったら、少しずつ量を足していって構いません。
汚れや油をしっかりと取り除くために、全ての髪の束と頭皮にシャンプーが行き渡ることを意識してください。
そして髪の毛をすすぐときには、シャワーから流れる温水が頭皮から髪の束に流れるように髪の束を軽く絞りながらシャンプーを完全に流しきっていきましょう。
髪を洗い終わった後は髪の束から水滴があまり出なくなるまで優しく絞っていき、最後はマイクロファイバータオルで頭皮と髪の束の水分を取り除きます。
これがドレッドヘアでシャンプーをする際の一般的なヘアケア方法になります。

Page Top